ジャンプアルティメットスターズ レビュー


ジャンプアルティメットスターズ(特典無し)
任天堂
2006-11-23

ユーザレビュー:
ある程度のシステムを ...
JUS レビュー「良 ...
前作を上回る・・・前 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


良い点
すごいです。北斗の拳の参戦を本気で信じてた人がいたでしょうか。
他にも聖闘士星矢封神演義などの
版権が複雑そうなキャラクターが参戦しています。
キン肉マンはバスターやドライバーのやられグラフィックを
一人ひとり創ってあって大変だったと思います。
Wi-Fi対応も素直にうれしい。
押しづらく、一部卑怯性能でサポートとの違いがわかりにくかった
ヘルプコマがアビリティに変更されタッチする手間が省けた。
L・Rで二つまでサポートやキャラチェンジができるのは
比較的使いやすい。
ルフィが斬撃に弱く、電気が無効など、
キャラクターの特性がゲームに生かされているのはすごくいい。
新ステージのBGMはアニメなどを参考にして
原作の雰囲気を出している。
「著作権を侵害せずにこれほどのイメージソングを創れるとは…!」
サウンドやデモなど、一度観たり聴いたりしたデータも
閲覧できるのはいい。
相性のいいキャラクターどうしの会話にニヤリ。
前作では超サイヤ人状態で界王拳してたのが
普通の状態に修正されている。

悪い点
前作の不満点がそのまま引き継がれています。
JUMP SUPER STARS
任天堂
2005-08-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
ジャンプが↑でなくボタンのみ。
色違いがないため、同キャラ対戦時混乱する。
通常投げがない。投げに見える攻撃はほぼ打撃扱い。
コマごとの必殺技が2つしかない。
横Xや↓Xや空中で必殺技が出せればよかった。
空中で出せる技が小攻撃と大攻撃しかない。
十字キー入力でバリエーションを増やして欲しかった。
トレーニングはデッキ作成時(ダメージ計測可能)と
Jアリーナ(複数サンドバッグ可能)の二つになっているが
例えばマッスル・ドッキングのダメージをはかることができないので
統一して欲しい。
コママンが一部のステージでしか使えない。キャラとして使えるか
削って他のバトルキャラに当てるかして欲しかった。
必殺魂がフルの状態からはじまるので
待ちトランクスや星矢などが横行する。
相手の体力が表示されない。

そして何より前作のキャラクターのボイスがない
"Bug"が直ってないことです。
前回ボイス付けろと願ったら今回ボイスチャットがつきました。
何か向こうは
「漫画のゲームなのでボイスはない」とかほざいてますが
週刊少年ジャンプという雑誌は効果音やBGMなどが聞こえるのでしょうか?
素直に
「二次版権とれませんでしたごめんなさい」
と言って欲しいものです。

更に前作に比べて
スーパータッグがない。超!螺旋元気玉とか感動したのに…。
てっきり「前回は二人だから
今回は三人とかでできる『アルティメットタッグ』とかできるのかな…。」
と思い込んでいたのに…。
前作の一部のヘルプコマ(隣接異性バトルキャラ体力回復量増加等)が
常駐型なのに今作では消えてしまっている。
多くのサポートコマが食らい中や空中でも出せるので
一部のサポートコマが凶悪な性能になっている。
その割には吹っ飛んだら無防備なので連打系などが有利である。
ダッシュ(→→)はあるのにダッシュ攻撃(→→攻)はなくなっている
サポートキャラのコマの相性がなくなってしまった。

前作はスポーツキャラやバトルにふさわしくないキャラだけが
サポート専用であったが、今回はラッキーマンターちゃんなどの
バトル可能なキャラがサポート止まりです。
特に笑属性はタダでさえ少ないのに
新規の作品で一人もいない(属性変更コマ除く)のは悲しい。
努力マンがヘルプしかない。
リーダーシステムも微妙。
ポイントバトルでしか効果がないし、
ピンのときでもリーダーシールを貼らないといけない。
いっそのことデスマッチは
「リーダーを倒せばそのキャラは全滅。
ただし、リーダー以外は倒されても(J魂が全快すれば)復活できる」
という風にすればよいのでは

前作はステージがサポートのみも入れて全作品あったが、
今作は使いまわしでもステージのある作品はいいほうで、
バトルキャラがいるにもかかわらず
忍空封神演義ムヒョネウロはステージがない。
既存作品の新ステージを作る余裕はあっても
新作のバトルキャラのステージを創る余裕はないのですかね。
何よりJギャラクシー(ストーリーみたいなもの)で
そのキャラの惑星に入っても(専用ステージがあるのに)
まったくその作品のステージで戦わない作品がかなりあった。

キャラクター性能が勝手に変えられて、
意味もなく派手になってかえって攻撃のメリハリがなくなっている。
原作で死ぬ気で放った奥義(幽助の霊丸や
剣桃太郎の「王虎寺超秘奥義~」など)が横Yになっているのはどうかと思う。
ゲージ消費なしで連発できてしまい、
厨Playを誘発している。
原作中で必殺技以外の通常技で技名を出すときに叫ぶキャラは
文字の形で叫んでいたが今回はなくなってしまった。
アニメのゲームみたいに技名叫ばないキャラも叫ぶのは
ウザいが、このゲームはボイスがないので入れて欲しい。
かわりに「ドガッ」などの擬音文字を消してほしい。

第一部のNARUTOのキャラがいなくなっている。
それに前作はそのキャラの属性以外の技も
必殺技にあって戦略的だったのに
今作はほとんどの必殺技がそのキャラの属性のものに
変更されている。
結果的に良くなっているものもあるが、ほとんどは悪くなっている。
ゆえにキャラの相性が悪いと
不利の度合いが前作より明らかにひどい。

同じキャラで属性の変更されているコマがあるが、
必殺技すらそのままで手抜きでしかない。
笑属性のゾロの必殺技に「鼻嵐」とか入れるか、
さもなければ廃止して欲しい。
おちょくる技で力属性だったり、
真面目な攻撃が笑属性だったりするとムカつく。
こっそり属性が変更されているとだまし討ちのように
不利になるので余計腹立つ。
笑属性の悟空なんて見たくなかった。

ラスボスはがっくりを超えて怒りすら感じた。
素直に拳王などでよかったと思います。

Wi-Fiは切断せずに終了できるのがキャラ選択時のみなので
切断を増やす原因になっている。
フレンド以外はボイスチャットもできないのでその確認もできない
(例えばCapcomの格ゲーなどは
対戦終了時にやめるか続けるか確認するなどのゲームデザインであるのに)
一人でも抜けると対戦が終わってしまう。
抜けた人だけはずして残りで続行のほうがいいのでは?
1Pのみがステージ選択でき、対戦中はずっとそのまま。
しかも1Pになるかはランダムなのもどうかと思う。

キャラチェンジ攻撃はすぐに戻られてしまうので意味はなく、
チェンジする相手もランダムではなく、
2キャラの相手を言ったりきたりするだけなので意味がない。

力知笑のシステムは力がほとんどで、
バランスが崩れているのでやめてもいいと思う。
属性も攻撃系以外(回復系など)は
属性をつける意味があるのかどうかがわからない。

どうせコマと必殺技があってないキャラも多いので
コマで通常技使いまわしはやめて統一して欲しい。
キャラクターごとにコマ数固定でもいいと思う。
後、変身の要素
(J魂か必殺魂をジリジリと消費するかわりに一定時間姿が変わりパワーアップ)
があってもいいと思った。
界王拳やスーパーサイヤ人3やギア2や九尾や卍解や死ぬ気弾や
火事場のクソ力や魔族幽助や妖狐などはこれで表現してほしかった。

あまりにも書く量が多く、ネタバレ要素もあるので
各作品ごとにレビューします。

DRAGON BALL
http://dragonjr.at.webry.info/200906/article_1.html

ONE PIECE
http://dragonjr.at.webry.info/200906/article_22.html

キン肉マン
http://dragonjr.at.webry.info/200906/article_3.html

幽★遊★白書
http://dragonjr.at.webry.info/200907/article_4.html

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-
http://dragonjr.at.webry.info/200908/article_1.html

シャーマンキング
http://dragonjr.at.webry.info/200907/article_5.html

こちら葛飾区亀有公園前派出所
http://dragonjr.at.webry.info/200906/article_25.html

Dr.スランプ
http://dragonjr.at.webry.info/200908/article_11.html

NINKU -忍空-
http://dragonjr.at.webry.info/200906/article_21.html

NARUTO-ナルト-
http://dragonjr.at.webry.info/200906/article_23.html

北斗の拳
http://dragonjr.at.webry.info/200905/article_10.html

聖闘士星矢
http://dragonjr.at.webry.info/200906/article_4.html

魁!!男塾
http://dragonjr.at.webry.info/200908/article_8.html

BLEACH
http://dragonjr.at.webry.info/200907/article_2.html

ボボボーボ・ボーボボ
http://dragonjr.at.webry.info/200907/article_7.html

銀魂
http://dragonjr.at.webry.info/200907/article_13.html

HUNTER×HUNTER
http://dragonjr.at.webry.info/200908/article_4.html

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
http://dragonjr.at.webry.info/200907/article_10.html

ジョジョの奇妙な冒険
http://dragonjr.at.webry.info/200908/article_5.html

D.Gray-man
http://dragonjr.at.webry.info/200908/article_12.html

家庭教師ヒットマンREBORN!
http://dragonjr.at.webry.info/200907/article_12.html

ピューと吹く!ジャガー
http://dragonjr.at.webry.info/200908/article_9.html

遊☆戯☆王
http://dragonjr.at.webry.info/200909/article_1.html

武装錬金
http://dragonjr.at.webry.info/200909/article_3.html

封神演義
http://dragonjr.at.webry.info/200906/article_16.html

BLACK CAT
http://dragonjr.at.webry.info/200909/article_6.html

魔人探偵脳噛ネウロ
http://dragonjr.at.webry.info/200907/article_9.html

とっても!ラッキーマン
http://dragonjr.at.webry.info/200906/article_20.html

ジャングルの王者ターちゃん♡
http://dragonjr.at.webry.info/200906/article_19.html

太臓もて王サーガ
http://dragonjr.at.webry.info/200908/article_2.html

地獄先生ぬ~べ~
http://dragonjr.at.webry.info/200907/article_6.html

ろくでなしBLUES
http://dragonjr.at.webry.info/200904/article_24.html

コブラ
http://dragonjr.at.webry.info/200904/article_25.html

アイシールド21
http://dragonjr.at.webry.info/200904/article_26.html

SLAMDUNK
http://dragonjr.at.webry.info/200905/article_1.html

いちご100%
http://dragonjr.at.webry.info/200905/article_2.html

テニスの王子様
http://dragonjr.at.webry.info/200905/article_4.html

DEATH NOTE
http://dragonjr.at.webry.info/200905/article_5.html

キャプテン翼
http://dragonjr.at.webry.info/200905/article_6.html

みどりのマキバオー
http://dragonjr.at.webry.info/200905/article_7.html

I"s
http://dragonjr.at.webry.info/200905/article_9.html

世間ではガンバリオンはガンバったといわれてますが、
本当にがんばったのは任天堂です。
版権で北斗の拳をはじめ、
41作品も手に入れたのは任天堂などのプロデュース力です。
しかし肝心のゲーム開発がキン肉マンのグラフィックで力尽きて
ターちゃんラッキーマンなどのキャラクターがサポ止まり。
どうにも急いで詰め込んだ感があり、
前作より細かいつくり込みが甘いです。
とはいえ、純粋にゲームとしても面白いので
一作品でも好きなキャラがバトルキャラにいるならば
やってもいいでしょう。
これ以上の参戦は、
話題となる作品が「Dragon Questダイの大冒険」ぐらいしかありませんが、
ダイの大冒険 【コミックセット】
集英社
原作:三条 陸 作画:稲田 浩司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ゲーム化すら認められていない作品なので
Wiiでフルボイスで創って欲しいと思います。
Wii(「Wiiリモコンジャケット」同梱)
任天堂
2006-12-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ジャンプアルティメットスターズ 特典 原画ポストカード付き
任天堂
2006-11-23

ユーザレビュー:
面白いですが・・ゲー ...
夢のゲームこんなもの ...
ジャンプファンなら楽 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック