臼井儀人「死体ごっこ

http://news.biglobe.ne.jp/social/406/sph_090922_4062788779.html

クレヨンしんちゃん Volume49 (アクションコミックス)
双葉社
臼井 儀人

ユーザレビュー:
ありがとうございまし ...
悲しい。こんな悲しい ...
良作クレヨンしんちゃ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


はじめは「またクスリか」とさえいわれたようですが、
事故死のようです。

「クレヨンしんちゃん」は、はじめ『週刊Weekly漫画アクション』という
青年に掲載されたマンガでした。
同じ雑誌作品にがあり、「クレヨンしんちゃん」も子供の視点で大人を皮肉る
大人向けの漫画であった。
韓国では大人に反抗的だということで「成年」向けにされるほどです。

アニメ化
され、ピーピーうるさいPTAに批判され、
『まんがタウン』などに掲載誌を移し、
だんだんとホームドラマ化しつつあります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090923-00000008-rcdc-cn

そもそも作者の写真自体マスコミには非公開のはずです。

中国では蠟筆小新の商標が勝手に商標登録され、
本家本元の双葉社のグッズが「コピー商品」呼ばわりされ、
裁判でも中国側の勝訴になるなど、
さすがコピー大国と言わざるおえない状態です。

http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/988/nsp_090923_9887752430.html

いくらマスコミに顔がNGとはいえ、隠しすぎて不気味です。
作者は聖書を読んでマンガの参考にしていた時期がありましたが、
キリスト教信者なのかは不明です。
エホバとか新興カルト宗教に入信しているという噂は絶えません。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090921-OHT1T00040.htm
BALLAD 名もなき恋のうた (小学館文庫)
小学館
百瀬 しのぶ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BALLAD 名もなき恋のうた (小学館文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
って双葉社じゃなくて小学館かよ!!

草なぎ全裸に続き、トラブルばかりの作品です。
とはいえ原案であって原作でありません。
漫画をアニメ化し更にそれを映画化した
映画 クレヨンしんちゃん
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]

バンダイビジュアル
2003-11-28

ユーザレビュー:
「子どもに見せたい映 ...
感動、涙の作品過去に ...
テレ朝チャンネルで観 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
を更に実写映画にした作品です。
幼稚園児しんちゃんは小学生川上真一になって性格も違うし、
主演はナギ×ガッキーでほとんど宣伝には出てきません。
しんちゃんは嫌いだけど、戦国大合戦は好きというPTA向けです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック