Xbox Micro?

http://getnews.jp/archives/38550
        
の後継機については
PlayStation 3(120GB) チャコール・ブラック(CECH-2000A)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2009-09-03

ユーザレビュー:
安くなったし…思わず ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
と被る部分が多いのであまり期待はしていません。
それよりも携帯ゲームのほうに注目です。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090520_zune_x/

最近の家庭用ゲームはDSPSPなどの
携帯ゲームのほうにソフトが供給されています。
かつては大作ソフトの移植や外伝的な内容のものが多かったですが、
最近では正統の続編が携帯ゲームで出るようになりました。

1.開発費がかかる

家庭用据え置き機のソフトは費用と時間がかかることが多く、採算がとりにくい。

2.Userをテレビの前に座らせることが難しい

他の仕事や娯楽に時間をとられ、長時間テレビを独占する
長いロードを要するゲームなどやってられない。

3.受像機の問題

ゲームの特性を生かすには(フル)ハイビジョン対応のテレビが必要。
更には
PS3/Xbox 360用接続ケーブル『HDMIケーブル 2M』
アンサー
2009-04-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
も必要。
が、現在そのテレビがないか、あっても居間のテレビであり、
繋ぐ可能性のあるハードはHDMI非対応機の
        
くらいである。
自分の部屋とTVを持つであろう中高生以上がメインターゲットのPS3・360Userは
自分の部屋にある(居間のお古の)小さなブラウン管TVでゲームをするのである。
当然コンポジット接続などでは
次世代機のスペックをフルに生かせるわけでもなく、
開発の費用と時間のために削られた内容を見て、
「しょぼいゲーム」と認識するのである。

しかし、携帯ゲーム機ならば
最初からモニタつきなのでその心配は要らないのである。

マイクロソフトの携帯ゲーム機はPSPやDSの対抗というより、
OSのライバルであるアップル社の

の対抗ではないかといわれています。
Zone(日本未発売)の後継機として発売するようで、
        
のようにUMDディスクとの互換を考えることなく、
最初からソフトはXbox系やWindowsからダウンロードすればいいことですし、
初代Xboxのソフトなどをダウンロードできる可能性があります。

PSPやDSは一番の使用場所は自分の家というアンケート結果がありますが、
この携帯ゲーム機はipodと同じく
ケータイのように電車内などの外でするゲームかもしれません。

しかし家庭用ゲーム機でシェアが取れないから携帯ゲーム機に逃げると、
このゲーム機の二の舞では…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック