前作を買った人はジョーカー(ババ)をひいたような気持ち。

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20100201_346281.html

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2
スクウェア・エニックス
2010-04-28

ユーザレビュー:
現代的パラレルドラク ...
育成の楽しみが分かる ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


※:ジョーカーシリーズは
ドラゴンクエストモンスターズシリーズの続編ではございません。
真の続編はです。
類似品に注意しましょう。


はっきり言って
ドラゴンクエスト ジョーカー
スクウェア・エニックス
2006-12-28

ユーザレビュー:
俺は結構面白かった。 ..
楽しい!!私はドラク ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
100万本売れたクソゲーでした。

1.配合の改悪。

は例えば鳥系と獣系を配合すれば、
鳥と獣のキメラ(合成獣)モンスターである
「あばれうしどり」が誕生し、
いかにも「合体」した感があり、
親と子供が似ているので
親が光の国に帰っても惜しくないのである。
しかし、ジョーカーは階位という
モンスターの強さによって決められた表にしたがって生まれるのであり、
例えばおおうつぼにすれば
それより低位階のモンスターならば
どんなモンスターでも「あばれうしどり」が生まれるのであり、
スライムだろうがダースドラゴンだろうが関係ないのである。
しかも相手が自然系ならば階位が同等のモンスターならなんでもよく
レッサーデーモンでもがいこつでも関係ないのである。

2.崩れた系統

かつては系統がきっちりしていたのだが、
今はその法則が崩れ、このモンスターが何でこの系統?
と思うものも少なくありません。
※「シルバーデビル」が悪魔系ではなく魔獣系など。
そもそも「自然系」と「魔獣系」の違いがよくわかりません。

3.姑息な配信商法。

一部のレアモンスターはWi-Fiを使った通信でサイトにアクセスしなければ、
入手することはおろか出会うことすら出来ないクソ仕様です。
しかも、配信期間はほんのわずかであり、
それを逃すと一生手に入れることは出来ません。
それだけならまだしも、
そのレアモンスターを配合材料にしないと生まれない
更にレアなモンスターがいます。


極めつけは
http://www.dqm-j.com/info.html

これは、「を使ってもいいですよ。」
という風に受け取っても構わないということでしょうか?
さらに期間限定のモンスターがいるにも関わらず
アルティメットヒッツ ドラゴンクエスト
モンスターズジョーカー

スクウェア・エニックス
2008-10-23

ユーザレビュー:
プレイ時間、700時 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
というベスト版を売り出す始末。
(もちろんWi-Fiで再配信という情報はきかない)

4.使えない神獣系。

ソフトにつき一体しかいなく、配合に使ってコンプリートしていくしかない。
しかも神獣限定の技があり、他のモンスターは使えない。
「みずげい」で「てっぽうみず」や「つなみ」が使えないって何よ!?
そしてWi-Fiなどの大会では制限があったりする。
じゃあ強いのかといったらそうではなく、
属性によっては大ダメージを受け、しかも
「キルジョーカー」という神獣系が大ダメージをくらう技もある。
制限をつけるなら歴代ボスやゴールデンスライムにつけて欲しい。

5.呪文改悪。

ギラ系削除、デイン系が光系に改悪。

6.特技の抱き合わせ

今回は特技を一つ一つおぼえるのではなく、
スキルポイントを振り分けることにより特技をおぼえていくスキル制です。
スキルはたった3つしか持つことができません。
しかも欲しい特技があってもそれ以外の特技をおぼえないと持つことが出来ないので、
いらない特技を大量に持つことになります。
AI戦闘の際に抱き合わせの特技が暴発して敗北に繋がることが多く、
更にはスキルアップするとホイミはベホイミに勝手に書き換えられ、
ホイミは使うことが出来なくなります。
ホイミのほうが消費MPが少ないという利点もあるので、
前はこのシステムは「8つという限られた特技をやりくりする」
という苦肉の策で生まれたものです。

では特技の進化は最低限しか行なわれなかった
(パワーアップして消費MPはそのままなど)

7.変なバトル

スカウトアタックは発動すると全員が攻撃する。
攻撃力にしか依存しないので攻撃力の低いモンスターは不利である。
例えば攻撃力の低い一体を回復に専念させ、
他の二人で攻撃といったことが出来ない。
バトルする3体のほかに、手持ちに3体控えることが出来るが、
馬車のように戦闘中に交代できないので無意味。
相手を強制交代させる「バシルーラ」や
交代を封じる特技も欲しかった。

8.モリーがいない

モンスターズの正統続編である
にはもちろん

にさえ「スラモリー」というキャラクターがいます。

でモンスターを扱っていたのであれば、
彼もしくは彼をモチーフにしたキャラクターが出て然るべきです。
まさか「主人公はモリーの幼いころです」
なんて設定なのかと思ったくらいです。
(当然実際にはそんなことはありません)

9.モンスターの偏り

携帯機、それもポリゴン描写に乏しいDSのくせにポリゴンを採用している。
そしてモンスターはドラクエⅧの使いまわしばかりである。
そのくせなぜか「ノックヒップ族」と「ウイッチレディ族」がいない。
「ウイッチレディ」でぱふぱふして欲しかった。

10.ヤンガスでは継承できたテンションアップが継承不可。

はっきり言って100万本売れたのは

が「転生」とかいう超クソ仕様だったから、
「配合に戻したシステム」ときいて反動で買ったわけです。
実際には「転生」みたいなものですけれどもね。
ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2
スクウェア・エニックス
2010-04-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
はこれらの仕様が改善されていることを祈ります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック