JUMP FORCE(ジャンプフォース)レビュー


【新品/在庫あり】[PS4ソフト] JUMP FORCE (ジャンプフォース) [PLJS-36046] *早期購入特典付
Outlet Plaza
配送区分:SSサイズ※ご注文手続き後、当店より発送予定日または取寄商品の在庫有無・納期を記載したご注


楽天市場


よい点
遊戯・ダイの参戦!!
このためにゲームをハードごと買ったと言っても過言ではありません。
声優も…ただただ涙。
スクエニやコナミにも感謝です。
ストーリーがボイスつき。

アバターという主人公を作成できて、
このキャラクターを中心に物語が進む。
殆どのキャラの必殺ワザが使える。
見たこともないオリジナル技しか使えないMiiファイターに
爪の垢を煎じて飲ましたい。
スマブラのストーリーもこういう形式にしてほしかった。

【新品/在庫あり】[ニンテンドースイッチ ソフト] 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL [HAC-P-AAABA]
Outlet Plaza
配送区分:SSサイズ※ご注文手続き後、当店より発送予定日または取寄商品の在庫有無・納期を記載したご注


楽天市場


投げの追加。(Jスターズでは一部のキャラはガード不能攻撃。)

Jスターズ ビクトリーVS(特典なし) - PS Vita
バンダイナムコエンターテインメント
2014-03-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


トレーニングモードの追加。(Jスターズでは未実装。)
サポート専用キャラクターの廃止。

悟空に界王拳(通常時メテオコンビネーション)の追加。

ストーリーが未完と叩かれてますが、
オンラインゲームの宿命だと思います。
問題が解決したり世界が変わってしまったら、
辻褄が合わなくなります。

ロード時間は長いというより(Jスターズの頃も長かった)クイズがなくなったことによる体感だと思います。

アニメエディションがありませんが、PlayStation Musicで代用可能。

録画禁止がウザいですが、設定で画面に出てくるメッセージを消すことが出来ます。

悪い点

まず、「初回起動時に」利用規約に強制的にサインさせるな。
ここでコントローラを投げたくなった。
普通はオンライン接続時にやることである。
思わず「同意しない」を選択した。

明らかにオンライン前提の構成だから、
てっきり無料でやれると思い込んでいた。
公式サイトにはその旨を書いていない。
パッケージにさえ読めないくらい小さい文字で
PlayStation®Plus加入必須
オンラインマルチプレイを楽しむにはPlayStation®Plusへの加入(有料)が必要です

と書かれているだけ。

ちなみに乞食の戯言ではなく、
有料ならその旨をきちんと大きく表示しろと言うことです。
(値段すら書かれていないものに課金はできない。)

ゲームを始めるとモード選択画面というものがなく、
(すべてロビーの中に放り込んである。)いきなり長ったらしいムービーが始まる。
それが終わったら強制的にアバターを作らされる。
一刻も早く対戦したい人にとっては拷問でしかない。
しかもこのアバターは一体限りしか作れず、
アバターを変えたらプレイヤーも変わるので、
オフラインでは、友達同士でアバター同士を持ち寄って対戦ということもできない。

アバターはパーツが中途半端で有名なジャンプキャラすら作れなく、自身を模したキャラも創れない。アフロ頭の女性とかなんでと思うパーツがあり、基準がわからない。
まだMiiのほうが髪の色以外はほどんどのキャラクターが創れた。

ストーリーではチーム分けされるがほとんど意味がなく、
チーム編成もやかましい星矢がγチームなど違和感がある。

同キャラ対戦しても格闘ゲームなら色違いで当然の仕様なのに全く同じ衣装で、色違いですらない。
対戦時どっちのキャラを操作しているかわからなくなることがあり、もうこれはゲームとして欠陥。

3対3のチームバトルなのに、
体力が共通のせいでキャラチェンジが無意味で、
逆にサポートアタックが強すぎる。
サポートも助けるキャラの順が決まっているため、戦略性もへったくれもない。
しかもサポートアタックは必殺技を繰り出すのに
一切必殺技ゲージを消費しないというチートっぷり。
ゴンに至っては必殺技よりサポートのほうが強いくらい。
覚醒総攻撃も三人でオープニングの様な必殺技を繰り出す
…わけではなく、ショボイ通常技を繰り出すだけ。
(ちなみにオープニングの様なことはJスターズでは普通にできます。)
しかも「覚醒」とコマンドが同じだから暴発すると泣きそうになる。

覚醒技を使うとゲージが50%溜まっていても100%溜まっていても
すべて使ってしまう。

戦闘中は方向キーが無駄になる。
オフライン限定でJスターズみたいにアピール(原作の名セリフをしゃべる)とかしてほしい。

オリキャラ以外の(本物の)フリーザらの敵キャラは倒してもやられず
撤退するだけなのでカタルシスがない。
まだ前作は中ボスとして登場し、やられてくれたのでスッキリした。
そもそもDIOとか一回でも戦いましたっけ?

ラスボスの初戦が必殺技を使えないチート仕様。
必勝法で倒してもスッキリしない。

一度クリアしたらセーブデータを初期化しないと
ストーリーをもう一度遊べなかったり、
オリジナルキャラクターが使用できないのはバグでしょうか?
参戦作品が少ない。ギャグマンガが出ないのは差別。
唯一あるギャグ表現が冴羽とサンジだけで、
それがシステム的に狂わせているのはなんかギャグに恨みでもあんのかといわんばかり。
女性キャラが少ないのは性差別ではなく
(むしろ女性ユーザはイケメンを望む)サンジの仕様のせいでしょうけど、
やっぱりもっと欲しいです。

その癖に参戦もせずに出しゃばるデスノートはいる。
デスノートファンは「何で参戦できないんだ!!」と不満だし、それ以外には「こんなやつ入れられるなら他のやつ入れられるだろ」と誰得のキヤスト。
版権使用料の無駄と言わざるおえない。
じゃあ他にデスノート以外に非プレイアブルで他の作品が参加しているかと言うと
「まったく参加していない」。
まだJスターズでプレイアブルだった
山田太郎がかわいく見えるほど。

悟空が原作に登場するスーパーサイヤ人3になれない癖に
ドラゴンボール超というアニメオリジナル設定のブルーにはなれる謎仕様。
しかもブルーは瞬間移動かめはめ波が出来なくなるなど
むしろ弱体化してる。
原作ではスーパーサイヤ人は戦闘開始直後になるのに
ダメージを受けないとなれない(Jスターズは気をためるだけでなれる。)謎仕様。

ピッコロは原作では腕を伸ばすのは
第23回天下一武道会のみなのに結構腕を伸ばす技がある。
逆にルフィは常に腕を伸ばして戦うのに伸ばす攻撃が
コンボの一部と必殺技のみ。
の割にダイや冴羽は通常攻撃で飛び道具使うなど、キャラ格差がひどい。

投げ技がフリーザやセルなどは印象的だった尻尾で締め付けたり、鯖折りする技がなく、ほぼオリジナルの技になっている。

ナルトは風遁螺旋手裏剣が削除されたり、
ただぶん殴るだけの六道組手とかもうちょっとよく考えて欲しい。
何より螺旋丸を影分身なしで放つのは納得できない。(本来なら九喇嘛モードでさえ、尾獣の腕がないと放てない。)

そもそも気をためる動作が似合わないキャラクターがいる。

エレメントもルフィが斬撃よりも火属性のほうが耐性がなく、
幽助が光属性など、イメージに合わないキャラがいる。

相変わらず一部のキャラクターの声が異なる。
Jスターズは「声優がいない」ってことだったが、
今回はそうではない。
冴羽りょうが神谷明さんなのに、ケンシロウ(CV:小西克幸)とか、
サボが古谷徹さんなのに、星矢(CV:森田成一)とか
何の嫌がらせでしょうか。
有料ボイスパッチとか追加してほしかったです。

無駄に広く構造が複雑なアンブラス・ベース。
ショップがどの場所も内容同じって何の嫌がらせですか?
しかもNPCがほとんどヒントもくれず
意味のない言葉をしゃべるだけ。
ファストトラベルなんか
普通にゲームをプレイしていたら気づかない。

ステージのほとんどが現実世界だが、
自分は姫路すら行ったことがないので実感がわかない。
荒廃された世界なんか見たくないし、
イメージなのでおそらくJUMP要素を取り払っても現実の世界とは異なるんでしょう。
JUMP世界を再現した前回のほうがよかった。

ステージが見づらい。特に夜や火山などの場面や、
カメラアングルもクォータービューになったりサイドビューになったりして目まぐるしく、細かな操作が出来ない。

結局、このゲームは(実弾系の銃を使う)冴羽を参戦させたくて、CEROC(15才以上)のオンラインゲームにしたとしか思えない。
でもゲームシステムがドラゴンボールシリーズからエネルギー弾を取っ払ってスマッシュにしただけですから、キャラがビュンビュンぶっとぶドラゴンボール張りの戦闘になってます。
DBとかNARUTOとかBLEACHなら違和感ないのですが、
冴羽とかのリアル系キャラは違和感しかない。
まだ、ギャグマンガでも参戦したほうが違和感は少ない。
同じCEROを高めるなら、
   
等のキャラも参戦させればまだ納得できた。
絵はリアルなのに
よっぽどジェイスターズのほうがリアリティを感じた。
それからCEROC(15才以上)なのに、
キッズ誌のVジャンプに情報を載せるって何なんでしょうね。
遊戯の声が一切プロモーションでは聞けないのは
ボイスがないのかと勘違いさせる。
それが、ジャニーズクオリティ。

海外ユーザーを意識したようですが、
海外の反応は「陳腐なゲーム」で、
日本向けに創られたジェイスターズのほうが面白いと言わせるほど。
そりゃ海外の人はアメコミとかに飽き飽きしてたからJUMPに走ったわけで、
いわばJUMP版アベンジャーズなんか求めてないわけです。

J-Stars Victory VS+ (PS4) (輸入版)
Bandai

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


冒頭の利用規約の強要とか、頻繁に出てくるムービー録画禁止とか、かつてときめきメモリアルONLINEというオンラインゲームが必要以上に規制した為、爆死したケースを彷彿とさせます。




いかにも上質な素材を使っていかにまずく料理できるか
挑戦したようなゲーム。
こんな素材をドブに捨てられるなんて天才ですね。

いっそのことジェイスターズにキャラ追加しただけのゲームのほうがマシというかそうして欲しかった。
スペック的にスイッチ移植は無理でしょうから、
ジェイスターズに今回参戦したキャラを加えたものを発売してほしいです。

※ 関連項目

Jスターズ ビクトリーVS レビュー

April Fool's News

あ、そういやPS4もXBOXONEも持ってねーや。

【PS4】JUMP FORCE
バンダイナムコエンターテインメント
2019-02-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック