ドラゴンボール ファイターズ Deluxe Edition レビュー

【PS4】ドラゴンボール ファイターズ デラックスエディション
【PS4】ドラゴンボール ファイターズ デラックスエディション

システム的にはマヴカプのような3vs3のシステムだが、ドラゴンボールのキャラが使われていることが特徴。

DLCの一部が最初から使える。パンチ一発から原作再現されている。
ブルマさんの声に涙。

悪い点

必殺技の選定がおかしい。なぜ飛び込んでぶん殴るだけの龍閃拳(作中では名無しの技)が必殺技なのか?
その割には衝撃波や、原作でキュイを葬った印象的な技(きたねえ花火)がただのコンボパーツになってる等、選定がおかしい。

かめはめ波が一切ゲージを消費しないで出せるのは納得できない。かめはめ波は波動拳などでは断じてない。
超ダッシュでかき消せないのでかなり壊れ技。
その割には必殺技の強版は「ゲージを一本消費」なぜこんなショボい技にゲージ使わにゃならんのだ。

そもそも、必殺技が少ない。必殺技がほとんど波動コマンドと竜巻コマンドしかなく、しかも(パンチキックが分かれてないので)弱・中・強で、同じ必殺技が出るので、更に数が少なく、中途半端。初心者には難しく、格ゲーユーザには物足りない。
しかも、飛び道具なのに打撃ボタンで出せたり、打撃なのに気弾ボタンで出すなど、統一されていない。

特にほとんどのキャラが超必殺技が一種類、メテオ超必殺技が一種類ずつしかないため、単調な戦いになる。

格闘ゲームなのに通常投げがなく、画面端に追い詰められた時の切り返しの手段に乏しい。ドラゴンラッシュが代用品だが、「どうみても打撃なのにガード不能」なため、視覚的に納得できない。打撃で潰しても仕切り直しになるだけで、遠くの相手も届くし、強すぎる。みんな同じような内容で個性がなくなるのもマイナス。
そのくせコンボの中には鯖折り(セル)とかあるので、「相手を殴ってたかと思ったらいきなり相手を投げる」という意味不明なコンボになってる。

本来なら、隠しキャラクターである、SSGSS悟空とベジータ、21号が最初から使えるので、ストーリーやアーケードモードをクリアするモチベーションがかなり減ってしまった。

使用不能キャラがいる。21号の善と悪が使えない。ゲームバランスを崩すようなキャラクターでもないので、調整すれば使ってもいいキャラクターなのに使えないのは納得できない。

ストーリーは出てくるキャラクターが一部のみのくせに何度も戦うので中だるみしがち。
魔人ブウ(善)のセリフの字幕に漢字があるのは違和感。(原作ではすべて「かな」のみ。)
イベントも攻略なしではしらみつぶしに組み合わせないと出現しないのも不便。
21号編のラストはせっかく善と悪に別れたのにあの結末はこんなのDRAGONBALLじゃない。

購入していないダウンロードキャラがキャラ選択画面にいるのは購買意欲を煽っているようでやめて欲しいです。
アーケードモード(このソフトはアーケード展開していない)にその購入していないDLCが対戦相手として出てくるのも理不尽。

DLCはこれからも増えるでしょうけど、ダウンロードはハードルが高いです。かといってすべて入れるにはブルーレイ一枚では足りないでしょう。
アペンドディスクを発売するか、DLCがすべて手に入るコードが入った本編を12000円くらいで発売するのもいいかもしれません。
     
ゲームデザインがオンラインありきになってかつてのようにオンラインが「おまけ」ではないのはオフ専にはきついです。
特にPS4のように有料ならなおさら。
ドラゴンボール ファイターズ デラックスエディション - 楽天ブックス
ドラゴンボール ファイターズ デラックスエディション - 楽天ブックス

"ドラゴンボール ファイターズ Deluxe Edition レビュー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント